ジョニー通信

第3回ジョニー通信

2021年7月13日
 先日、日本で今回の東京オリンピックが無観客で開催されることが発表されました。
霞が関ゴルフクラブで行われるオリンピックのゴルフ競技も無観客になりそうですね。
一方私のいるカリフォルニアといえば、ご承知のようにバスケットボール、野球と観客を入れて行われていることはご存じだと思います。
最近はゴルフコースに行ってもマスクをしている人はほとんどいませんが、知らない人と一緒にラウンドした後は相変わらず簡単なグータッチ、握手をしっかり握りあうことはまだ抵抗があるのか、以前の習慣が自然と出るのが不思議ですね!

 ところで今回は畑岡奈紗がLPGAのトーナメントマラソンクラシックで優勝したのはゴルフファンの皆さんはご存じですね!
笹生優花が5位タイで最終日の雨天中止の中で終了しました。

 今回私が紹介したいのはこのトーナメントで2位のM、harigaeです。
現在の賞金ランク37位で、サンフランシスコのオリンピックカントリークラブで行われたKPMG Women's PGA Championshipでは46位タイでした。
現在31歳の張替美那は実は日系2世のLPGAのゴルフプレイヤーで2008年にプロ転向以来、当初は輝かしい成績を収めていました、近年のスランプから脱出した最近の試合ではいい成績を残しています。
日本のマスコミでは日系4世などと紹介されていますが、本当は私の下の娘と同い年で一緒にモントレーの日本語学校に通っていた日系二世です。
生まれも育ちもカリフォルニアという条件で日本語はほとんど話せませんが元来の明るさと周りを引き付つける魅力から多くのカリフォルニアに住む日本人に可愛がれています。
ご両親はモントレー半島のパシフィックグローブの町でお寿司屋さんを経営する日本人で、
私は週1回張さん(親父さん)と会話を楽しんでお寿司屋さんに足を運んでいます。
ここモントレーやサンフランシスコ界隈の日本人会では美那ちゃんがいい成績を上げた時のお酒が進みます。
笹生優花がフィリッピンと日本の間でゴルフを頑張っていてくれていますが、今回は皆さんに日系2世の張替美那の存在を知っていいただきたいと思いました。


Johnnie Yamaoka


第2回ジョニー通信

2021年7月2日
 皆さーん、ワクチンはもううたれたでしょうか?
5月28日に日本からアメリカに戻りました。
航空会社にPCRテスト72時間以内の陰性証明を出して搭乗することができました、米国についた当日サンノゼのスーパーマーケット セーフウエーのドラッグストアー内の1室でジョンソン&ジョンソンのワクチン接種を受け、15分間の副反応症状が出ないことを確認してそのまま帰ることができるまで30分程度で、あっけなく終わりました。
ワクチンを打った後アメリカ国内も徐々に開放的になり、公共の場所やレストランの中でも今はマスクの着用を義務づけていません。
ほとんど以前の日常に戻ったといえるのではないでしょうか?

 私といえば週2回程度のゴルフを楽しんでいます、先日Monterey Nisei Clubという日系人で組織されている毎月のゴルフトーナメントに参加しSteve Ikemiya, Mark Nakata, Royce Kimura, Johnnie Yamaokaの組み合わせでしたが参加者はなんと24人中優勝してしまいました。
このNisei Clubは名前のごとく日系人の1世~5世の人たちの集まりなのですが、会話はすべて英語です。まったく日本人の顔をした人たちが英語のみでの会話には当初戸惑ったことを覚えています。
近くのゴルフコースで行われる月に1回のコンペには日系人のみならず友人のアメリカ人も参加していてパワフルなドライバーで300ヤードオーバーの猛者たちも何人かいます。
モントレーにはほかに(さくらクラブ)という日系人のゴルフのグループがあります。米国の各地にはこのようなゴルフクラブがあり、ビジターで参加することも可能です。
次回ペブルビーチにお越しの際は事前にご連絡いただければ、私ジョニーヤマオカと一緒にMonterey Nisei Clubに参加しませんか?
私たちGOLFTOUR USA は日本のゴルファーの皆様が多くの世界のゴルファーとのネットワークを作っていただくことをお手伝いします。

Johnnie Yamaoka


第1回ジョニー通信

2021年6月25日
 皆さま、いつもGOLF TOUR USAをご愛顧いただきありがとうございます。
ゴルフツアーUSA代表のジョニーです。現在アメリカに戻りまだまだ日本からのお客様をお迎えするには日数を要すると感じつつこの素晴らしいアメリカのゴルフ場を皆様にお伝えしたくジョニー通信なんかを始めてみました。
私のつぶやきのようなものですが皆様にもお楽しみいただけたらと思い配信させていただきます。
第一回目は、私の住む地元のお話をゴルフを絡めてお話をさせていただきます。

 私が31年住んでいますカリフォルニア州モントレーはサンフランシスコから南に2時間のところに位置するカリフォルニアの中央部にある海岸沿いの人口約3万人の市です。32万人の人口を持つモントレーカウンティ(群)中心の市です。

 モントレー市はモントレイペニンシュラ(半島)にあり周辺にはカーメル市、パシフィックグローブ市、シーサイド市、とペブルビーチ特別区があり、ペブルビーチは皆さまの憧れのコース Pebble Beach Golf Linksがあります。
周囲のゴルフコースには サイプレスポイント(プライベートでプレーできない)、スパイグラス・ヒル (AT&T開催コース)、スパニッシュ・ベイ 、ポピー・ヒルズ 、 ベイヨネットコース&ブラックホースコース、ポピーヒルズゴルフコース、 ザ クラブアットパサデラ、パサティエンポゴルフクラブ、コーデバレリゾート、カーメルバレー ランチ ゴルフコース、ラグーナセカゴルフコース、モントレーパイン、パシフィックグローブ市営コース、モントレーペニンシュラゴルフクラブ(プライベートでプレーできない)テハマゴルフクラブ(プライベートでプレーできない)プリザーブゴルフクラブ(プライベートでプレーできない)などモントレー市内から1時間以内に44か所のゴルフ場を有するゴルフ天国です。
日本からペブルビーチゴルフコースを目的に訪問されるゴルファーたちはペブルビーチだけを楽しんで帰国されますが実は周辺に多くのゴルフ場がいっぱいありますので、もっと滞在日数を増やしていただき周辺の素晴らしいゴルフ場も体験していただきたいと思うのです。


 私が日本を離れモントレーに移住して31年の間にペブルビーチゴルフリンクスで行われたトーナメントを振り返りますとUS OPENが1992年、2000年、2010年、2019年、6回開催中4回を体験、 全米アマチュア2018 AT&Tプロアマ毎年行われました。今後の予定として2023年全米女子オープン 2027年US OPEN が行われるよていとなっています。

 日本からUS OPENに観戦にこられた方も多くおられることでしょう、私ももっと多くのトーナメントを観戦していき、この通信でご報告させていただきたいと思っています。
今年も夏の暑さとつゆを逃れ、日本を脱出してモントレーに来ています。
エアーコンデションのないここはゴルファー天国です。
来年の夏は多くの日本人ゴルファーで賑わうことでしょう。

Johnnie Yamaoka



会社概要

選べるホテル&ゴルフ
ラスベガス
カリフォルニア
カンクン
Masters・US OPEN・PGA TOUR

おすすめゴルフパッケージ
あなたのオリジナルプラン
ラスベガス
ハワイ
カリフォルニア
マレーシア
シンガポール
カナダ
カンクン
スコットランド
クルーズ&ゴルフ

ゴルフ合宿

プライベートジェットで行くゴルフ

その他ゴルフコース・オンライン予約
お問い合わせ

ご利用規約

会員募集